think about life

暮らしから考えるマンションリノベ

Toivo代表の友政が常々お伝えしている「一生のおつきあい」という言葉があります。それは、お引き渡しをしたらそこで関係が終わるわけではなく、お引渡し後のお客さまの暮らしを大切にしたいという思いから自然と口に出る言葉でもあります。そして、そのためにToivoが用意しているサービスが整理収納コンサルティングです。

片付くが続く、整理収納コンサルティング

せっかく理想通りの住まいが完成しても、荷物が入りきらない、空けてない段ボールがたくさんある、という状態ではもったいないですよね。

暮らしに焦点を当てると「整理収納」は無視できません。 整理収納を考慮していない設計では、暮らし方の提案はできないのです。そこでToivoでは「片付け終わる=暮らしの始まり」として、整理収納のスペシャリストによる整理収納コンサルティングを設計に組み込み、ご入居後も片付けのサポートをいたします。

「収納を考慮する」ということは、収納スペースをたくさん設けることではありません。 「収納スペースがたくさん欲しい」というご相談をよくいただきますが、収納スペースをたくさん設けても片付けが解決しない場合がほとんどです。

整理収納はプロとして仕事が成り立つくらい、コツがありスキルが必要で、『収納の指定席』をキチンと決めてあげる必要があります。 実際に暮らしはじめてからも綺麗に収納できているのは、整理収納コンサルタントによる『収納の指定席』の決定がしっかり実行されているからです。この整理収納を担当するのは、Toivoのホームオーナーでもあるスタッフの清水です。計画時はもちろん、暮らしはじめてからも片付く住まいが継続できるよう、皆さまをサポートいたします。

この美しく暮らすためのサポートに加え、Toivoが得意とする断熱改修、可動家具を使った暮らしの変化に柔軟に対応できる設計も、みなさんの心地よい暮らしの実現のために提案しています。

昨年から設計スタッフとして参加してくれている林の設計力も、こうした暮らしやすさの実現に寄与しています。

 

こうした『暮らしてわかる温熱環境』や『暮らしの変化に対応する可変性』 は、住まい手の声でぜひご確認ください。