voice

北浦和の家 S様

家づくりのきっかけは?

旦那様:

子供ができたことをきっかけに賃貸アパート暮らしをやめて自分たちの家を持とうと考えはじめました。最初は新築の戸建て住宅や新築マンションなども検討していました。中古のマンションを買ってリノベーションをするという選択肢があることを知り、インターネットで木の家を画像検索したところ、Toivoさんの前身であるサンビックさんのウェブサイトにたどり着きました。自分たちが当時住んでいた場所からToivoさんの事務所が近かったので訪ねてみたんです。長野出身ということもあり戸建て住宅もよかったんですが、都市部で戸建て住宅は現実的でないこともあり、中古のマンションを買って自由にリノベーションするのもありかなと思ったんです。

Toivoさんの印象は?

奥様:

他のリノベーション会社も何社か見学したのですが、他は業務然というか「仕事でやってます」という印象だったんです。その点、Toivoさんは社長の友政さんが「人」とちゃんと向き合っている感じがして、この人と家づくりを通じておつきあいしたいと思いました。顔が見える感じも安心感につながっていきました。

旦那様:

まず資料請求をしたのですが、資料の中で断熱の大切さが語られていたんですね。当時は家づくりのことがまったくわかっていなかったので、この資料を読み、実際にお会いしてお話を伺うなかで、断熱の大切さを学んでいきました。以前住んでいた賃貸のアパートは、夏に冷房を最低温度の18度で最大風量にしてもまったく涼しくならないような家だったんですが、Toivoさんが手掛けたマンションリノベの家にくると25度の弱冷房でもすごく快適で、断熱でこんなに変わるんだと実感したんです。

見学会は参加されましたか?

奥様:

ホームオーナーさんの家を1日で3軒見学するイベントに参加したのですが、これが家づくりでとても参考になりました。生活のイメージがとてもよくわかりました。

中古のマンションはご自身でご用意されました?

旦那様:

ええ、この物件は自分たちで探しました。購入前には、このマンションでリノベーションができるのか友政さんに確認してもらいました。

Toivoにお願いすることにした決め手はなんでしたか?

奥様:

小さな会社で少人数でやられているので一人になにかあったら…という不安もありましたが、それは大きな会社でも同じことだし、ひとりひとりの顔が見える安心感と、「一生おつきあいする覚悟で引き受けるから」という友政さんの言葉を信じて家づくりを託すことにしました。

現場にはよく来られましたか?

奥様:

はい、いろいろ質問したりして大工の河西さんの手を止めてしまうことも多かったのですが、細かなところをどうするかまで親身になって相談にのってもらい、いろいろな解決策を提案してくれたのがとても心強かったです。

実際にできあがった家を見て、一番気に入ったところはどこですか?

旦那様:

やはり、この小下がりのリビングですね。実際に座ってみて本当に寛げるというか、これからの暮らしが想像できますね。

奥様:

最初は小上がりのあるプランで進んでいたんです。施工物件をいろいろと見させていただくなかで、「この家のここはいいな」とか「ここは真似したい!」という箇所があって、見学した物件のいいとこどりみたいなプランになったと思います。実物をたくさん見せていただいたのがとてもよかったです。

清水さんの整理収納アドバイスはいかがでしたか?

奥様:

引っ越し前に、清水さんに2度ほど荷物を見てもらいました。無理矢理に断捨離させられるのでなく、こちらに寄り添ってこれからの暮らしに必要なものを選んでいただいたというか。新居にはもっていかないものを納得して手放すことができたのがとてもよかったです。今日も収納の相談をさせていただいてますが、本当に清水さんがいてくれてよかったと声を大にして言いたいです。

最後にこれからの暮らしについて一言

奥様:

Toivoさんの手掛けられる家はビジュアルも好みだったのですが、「子供を育てていくのに、本当に健康に育てられるかは表面だけのデザインでは叶えられないよ」という友政さんの言葉が一番響きました。その環境をちゃんと整えていただいたので、この子を育てながらこれから三人で楽しく健康で暮らしていけたらいいなと思ってます。

旦那様:

無垢の床材(杉)は柔らかい材種なので傷になることもあると思いますが、それも子育ての過程だと思うので、大事に育てていきたいと思いますね。