natural

自然素材の木の家をマンションでも

マンションに住む=新建材のなかで暮らすというのがこれまでの常識でした。マンションでも木造平屋の家に暮らすような心地よさを味わいたい。そう願う家族のために、Toivoでは自然素材をつかったマンションリノベーションを提案しています。

床材には厚さ30mmの吉野杉を採用

マンションに最も適した床材を追求し続けて、行きついた答えが国産の吉野杉です。日本の四季特有の高温多湿がとても極端な環境下で育った吉野杉は、何といっても抜群に美しさと香りが良く、肌心地も夏は爽やかで真冬でも裸足で過ごす人がいるほど冷たくありません。 通常は15mmの厚さであることがほとんどですが、上記の効能をより発揮させるために弊社では30mmの厚さにしています。

造作材にも無垢の木を採用

窓枠やドア枠に関しては、木目が濃く美しい栂(ツガ)材をべースに、カウンターにはお客様の好みでオークやナラ材など様々な種類の無垢材を使い、二人の大工がひちつひとつ手作りで造作いたします。

天井・壁には調湿性に優れた珪藻土を採用

壁材に使用する珪藻土は、生体の健康に好影響をもたらす「マイナスイオン効果」を発揮すると医学博士によって科学的に解明されている唯一の珪藻土内壁材です。吸湿性に優れ、結露の原因である「室内の多湿」を防ぎ空気を浄化し、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質も出しません。

シックハウスの原因となる「カビの発生」や「ダニの繁殖」「結露」を抑制するため、気密性の高いマンションの構造を考えると最も適していると考えます。