long term relationships

ファンになってもらえる家づくり
一生のおつきあいができる関係を築く

わたしたちが持ちうる技術や知識を総動員してつくり上げた家は、そこに住む人が安心して快適に暮らすためのお住いです。
そして、お引き渡し後も末永くおつきあいできるよう、信頼いただける仕事を心がけています。「お引き渡しがゴールなのではなく、本当のスタートである」。その思いで、わたしたちToivoはこれまで家づくりに取り組んできました。
toivoのおつきあい
わたしたちを選んでくださったお客さまに最高の工事を提供するために、わたしたちは工事前にお客さま、職人、スタッフ、プロジェクトに関わる全ての人を集めて着工式を行います。

お互いの顔が見える事で、固い信頼関係で結ばれた「パートナー」として、工事に入るのです。

「工事が終わったらそれでおしまい」という関係では、真の「パートナー」とは言えません。お客さまのライフスタイルはご入居後に変わることも多々ありますので、お引き渡し後の関係性も非常に重要です。
Toivoのホームオーナーのみなさんとは、ご入居後の生活などをヒアリングしながら、夏の涼しさや冬の暖かさを実測した上で、さらなる改善に一緒に取り組んでいます。 それは、そのままToivoの新たな技術と知識になりますし、またホームオーナーのみなさんは「この性能向上リノベは社会の模範となる」と感じてくださっているので、喜んで協力してくださいます。

実測と改善を積み重ねて、一緒に理想の暮らしを追求していくパートナーとなる。
これが、Toivoの「一生のお付き合い」の在り方です。