column

暮らしが豊かになるインテリアとは?

Toivoのマンションリノベでは、断熱や空調といった温熱的な快適さはもちろん、手に触れるものや美しさ、インテリアにも気を配っています。

1. 五感で心地よいリノベーション

昨今、住まいにおける温熱性能の重要性を説いている方が増えています。書籍や動画などで見聞きすることも多いと思います。Toivoでも、マンションのリノベーション時には必ず断熱工事を行い、全館空調を採用しています。それがストレスのない暮らしを実現するためには大切なことだと考えているからです。
しかし、ただ温熱性能を上げればよい家になるかというと、それはまた違います。私たち人間は、性能の数値が良いだけで満足するわけではありません。快適な体感温度に保たれた室内、自然素材の仕上げの優しい風合いや美しいインテリアに癒され、外の雑音を気にせず音楽を楽しめる、そんな五感で心地よい空間に設えること。それがToivoのマンションリノベです。

 

2. 手触り、足触りのよいものしか使わない

Toivoでは、基本的に自然素材の材料を使います。床や棚や家具などの造作部分は無垢の木を使い、壁は珪藻土や漆喰、和紙などを使って仕上げます。これらは手触りや肌触りがよい一方、傷がつきやすいともいえますが、経年美化する風合いが楽しめます。

 

3. 一生ものの家具

新居に引っ越すタイミングで家具を新調される方も多いと思います。Toivoでは、木のマンションリノベに似合う家具をインテリアコーディネーターが提案しています。カールハンセンやフィリップハンセンなど、北欧の一流家具は日本の住空間にも合い、一生つきあうことができる家具です。Toivoのモデルルームではこうした家具の展示もしています。ぜひ足をお運びください。

 

4. マンションでも緑を感じたい

マンションでは1階の限られた部屋だけが庭を楽しむことができますが、どの部屋でも暮らしのなかに緑を取り込むことは可能です。設計の段階から意識することで暮らしのなかで緑をより感じることができるプランニングができあがります。Toivoでは、インテリアコーディネーターと一緒に都内のハイセンスなグリーンショップを巡る同行ショッピングもサービスに組み込んでいます。